LINK

店舗で一切のカードが切れるわけではありません。銀座カラーのワキ脱毛は6回コースよりも回数無制限の脱毛し放題がお得

□クレカ会社の加盟店舗は、たくさんのクレカの運営会社に加盟していますが、ちょっと不便ですが全ての加盟店舗で全ての種類の決済可能なんではありません。kachidoki

つまり古い加盟店舗のときはJCBロゴの入ったクレジットカードしか使用できない場合もあるし、この頃のショップならばVISAやマスターの印の書いてあるクレジットカードのみしか切れない場合もよくあります。アクアデオ

ダイナースみたいなカードの場合はいっそう使えない商店が増えるのではないでしょうか。アマゾン 通販【本やDVD】インターネット注文・商品検索-zocojp

どのような所有クレカが決済可能かというのをどのように見たら良いか「ではいかなる方法でどのブランドのカードが使えるかを確かめたらいいんだろう?」といってはみたものの、ちゃんと判断するにはお店の方に問い合わせてみる以外にはないというのが残念だけどその答えです。

ただけっこうの数のショップやホテルには加入店の分かりやすいところなどに使用可能なクレジットカードの印がプリントされている認証マークがあることから「そうなんだ、この店舗ではアメリカンエキスプレスカードが決済可能なのか」といった感じで困らないようにされているので留意しておいていただけるとよいと思います。

とはいっても、ちゃんと管理が出来ていないお店で切るときにはロゴシールが貼り付けられている店舗でも「現在では××クレカはご決済いただけません」等の案内を受けてしまうなんてこともあるため、あたふたしてしまうことだけは避けたいところです。

そこで、できる限りは全ての店舗でクレジットカードが有効であるようにする目的を考えると、異なるブランド(国際ロゴ)がプリントされている一般的なVISAカード、JCB、ダイナースカード、アメックス、ライフカード、といったカードを複数枚契約するようにお勧めします(例として:ニコスカードをすでに持っているなら二枚目はアメックス付きのカードを契約するといった方法)。

とりわけ日本においては、VISAカード、マスターカード、JCBの3つのロゴが入っているクレカをそれぞれ使えるようにしておけば、おおむね全国の加入店舗でなにがしかのクレジットカードを差し出す機会があります。

クレカを契約してキャッシュレス生活を続けるつもりならば、上記のクレジットカードを申し込んでおいていただくことをお勧めします。