LINK

よくある初心者用のFX投資の雑誌では「損が生まれた状況ではナンピン買いすることで平均のコストをコントロールする事が出来る」などと書かれていたりしますが実際にはナンピンにはかなり大きな引っ掛けがあると考えます。登録販売者

はじめに、ナンピンのやり方について分かりやすく説明しておこう。審査不要 キャッシング

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。青汁ダイエット

$(ドル)買いということで円安になるほど黒字が出るわけだが、思い通りに行かず95円まで円高・ドル安方向に進んだとします。チャップアップ

その状態でポジションを持ち続けたら損失が回復するまでには損失分円安ドル高に動かなければなりません。にんにく卵黄 効果

誰でも、赤字はなるべく早く無くしたいと思います。フラワーギフトで花贈り物

この状況を乗り切るためはじめに注文したのと同額分の$(ドル)を、95円で売買します。

そうすると、ポジション全体の平均の単価は97円50銭まで引き下げることができます。

つまり、2.50円の幅で円安ドル高に向えば、赤字を回復する事ができます。

これが、ナンピンの方法です。

ナンピンの理論を理解すると「もっともだ」という考えになるが、市場はそう容易には思い通りにはいきません。

元々、1ドル95円以下にならないとは誰一人として分かるわけがありません。

為替がかなりのドル安トレンドであるならば95円では下げ止まることなく円高ドル安にいくリスクが高いです。

たとえば、1ドル=97.50円でナンピンをした場合に95円までドル安が進んだらナンピン買いしたポジションにも赤字が生まれてしまいます。

その状況では、最初に持ったポジションとあわせてダブルで損を被ることになる。

例示したとおり、ナンピン買いは大変です。

それなら、為替相場が自分自身の脚本とは逆向きにすぐに行ってしまった場合いかなるやり方で危機を軽減すればいいのだろうか。

こういう場合には取るべき手段は2つしかありません。

まずひとつめは潔く、損切りをする事です。

別の方法としては保持している買いポジションを縮小することでもう一度外国為替市場が元のようになるのを待つ事です。

相当消極的なやり方だとおっしゃる方もいます。

けれども、自分が所有している買いポジションに損失が生じた場合リスクが低い手法はこれ以上のものはないです。

言うまでも無く、理論上はナンピンをする術も効果的です。

しかしながらナンピン買いは自分かマイナスになっている場面で、買いポジションを小さくするどころか、ポジションを積み増していく手段です。

これでは、リスクをコントロールすることなどとても不可能だと思ったほうかいいだろう。

ナンピンを続ける事ができれば最終的には利益を上げられるかもしれません。

だが、そうなる前にお金は足りなくなってしまいます。