LINK

カードの強制退会と言われるのはその名前の通り有無を言わさずクレカを退会(停止)させられてしまうことを指します。

強制退会になってしまうと当然そうなったクレジットカードはその時点以降、一切使用不可になります。

強制失効となる理由は色々→クレジットカードを理由の如何にかかわらず没収扱いとなる理由は多々あります。

基本的に日々のショッピングで切るなど普通にクレジットを使っている際においては、皆様が没収させられる事情などはほぼないはずですので心配しないで欲しいですが、強制没収となりかねない理由に関して頭の片隅に留めておくことによりクレジットが今よりも安心して使える形になると思うため、以降の文章ではその具体例を紹介できたらなと思っています。

何よりも言えることはカード会社からの信用がなくなるような愚行をすること、カードの会社にとっての損となってしまうような取引をしないのならばほぼ強制没収となることはありえないと言ってよいでしょう。

安心して利用できることが最優先でありますので、すでにそのような類の行動をとってしまったことがある読者は、今後ちゃんと信用してもらえる履歴にするようがんばって欲しい。

そもそもクレジットカードの代金を弁済しない>これはもう言わずもがなのお話ではあるが、クレジットカードで利用した費用を返済しない請求の踏み倒しをする場合、慢性的な金欠で利用料金の返済が滞ってしまうといったケースには、間違いなく強制没収という扱いになってしまうことになります。

もともとはカード発行会社は契約者のことを信じているからこそ契約させているのであるから、あなた自身が返済を履行しない場合にはこれまで得た信頼は一気に崩れてしまうのです。

クレカを使用できなくする手続きでそれ以上の損害を未然に止める対応をしなくてはいけないので没収となってしまうのです。